自動車

スズキ フロンテ800(昭和40/1965年12月発売・C10型) 【昭和の名車・完全版ダイジェスト032】

この連載では、昭和30年~55年(1955年〜1980年)までに発売され、名車と呼ばれるクルマたちを詳細に紹介しよう。その第32回目は、スズキ初の小型乗用車フロンテ800の登場だ。(現在販売中のMOOK「昭和の名車・完全版Volume.1」より)

スズキ フロンテ800(昭和40/1965年12月発売・c10型) 【昭和の名車・完全版ダイジェスト032】

スズキが小型乗用車クラスに初めて投入。優美な欧州風スタイルが大きな魅力

昭和38(1963)年の第10回全日本自動車ショーで発表されたのがフロンテ800だ。当初は翌年の昭和39(1964)年春に発売といわれていたが計画が遅れ、実際に発売されたのが昭和40(1965)年の12月となった。

スズキ フロンテ800(昭和40/1965年12月発売・c10型) 【昭和の名車・完全版ダイジェスト032】

テールランプは横並びの丸形で、どことなく1960年代のBMWを思わせる。リアバンパー中央下にストップランプが別に付けられるなど、野心的なデザインだった。

いずれにしても、それまで軽自動車しか生産しなかったスズキ(当時・鈴木自動車工業)が小型乗用車の激戦区の800ccクラスに投入したクルマということで話題性も高かった。

フロンテ800のボディは、全体を曲線でまとめあげられており、優美なヨーロッパスタイルが特徴となっている。それは見た目だけではない。フロントウインドウの前面投影面積をできるだけ小さくするために、Aピラーはかなり傾斜させられ、空気抵抗を減らした。ボンネットの開閉方式を前ヒンジとしたのも、スポーティなクルマであることを主張している。

リアスタイルも欧州車風にシンプルにまとめられ、テールランプも円形とするこだわりや、リアバンパーの中央下部にストップランプが埋め込まれるなど野心的デザインも持たせた。

室内はFF方式を採用したためにフロアトンネルがなく、カーブドガラスの使用によってゆったりとしたスペースが得られた。サイドドアの開口面積は大きく、フロントシートバックの操作も簡単で、後席の乗り降りにも優れたレイアウトが好評だった。

スズキ フロンテ800(昭和40/1965年12月発売・c10型) 【昭和の名車・完全版ダイジェスト032】

ブラック基調でスポーティな雰囲気のインパネまわり。トランスミッションは4速コラムMT。FF方式を採用したためにもちろんフロアトンネルはない。

エンジンは0.8L(正確には785cc)の2ストローク水冷直列3気筒を搭載し、最高出力は、 4000rpm時に41psを発生した。最大トルクは8.1kgmだから現代のレベルではお世辞にもトルクフルとはいえないが、それでも当時としては活発な部類だった。

吸気系統にスズキ独自のインレットマニホールドを採用し、吸気が各シリンダーへ均一に配分される設計としていたことや、キャブレターに2連式の2バレルタイプを採用して十分な燃料供給がされることにより、低速、高速ともにレスポンスが良くなっていた結果ともいえるだろう。ちなみにカタログデータでは0→200mの発進加速は13.9秒となっている。

当時としては珍しいFFの肝となるドライブシャフトはバーフィールド型の等速ジョイントだ。FFの方がシステムとしてコンパクトになり居住空間も確保できるのはわかっていたが、駆動と操舵を両立しなければならないため、当時は技術的な壁があった。

バーフィールド型は昭和35(1959)年にBMCのオースチン・ミニなどが採用し始めたもので、フロンテ800にも使用した。当時としては革新的な機構で、完璧とは言えないまでもスムーズな走りにひと役買っていた。

スズキ フロンテ800(昭和40/1965年12月発売・c10型) 【昭和の名車・完全版ダイジェスト032】

2サイクルの直列3気筒エンジンを横置き搭載。吸気系統にスズキ独自のインレットマニホールドを採用し、キャブレターは2連式の2バレルタイプ。

サスペンションはリアにデフの収まるホーシングが不要となったこともあり、4輪独立式となった。フロントはウイッシュボーン・ボールジョイント式でトーションバースプリングを縦方向に使い、これにスタビライザーを組み合わせた構成となる。

リアは、トレーリングアームとトーションバースプリングという非常にシンプルな構成ながら路面追従性の高いものとなっている。トーションバースプリングの採用で車高調整が可能だったのも特徴だった。

室内では、フロントシートはセミセパレート。シートの調整幅は80mmのスライド量を持ち、リクライニングは5段階と長時間走行でも疲れない配慮がなされていた。リアスペースはショルダールームが大きく、3人が楽に座れた。また、リアシートの後ろにあるパーセルトレーは小物置きとして便利なものだった。

ダッシュボードは、黒を基調に右にスピードメーター、左に水温計とフュエルメーターが一緒に組み込まれている。この2つの円形のメーターの間にウインカー、オイル、チャージなどの警告灯が縦に配列されている。ライト、ワイパー、チョークなどのスイッチ類も機能的な配置となっていた。

大衆車として大きな期待を持たれたフロンテ800だったが、パブリカ、コンテッサ、コンパーノ、ファミリアなどが覇を競う激戦区に投入したために販売的には振るわず昭和44(1969)年に販売を終了した。

スズキ フロンテ800(昭和40/1965年12月発売・c10型) 【昭和の名車・完全版ダイジェスト032】

FFということでフロントタイヤが駆動力と操舵力を受け持つことになる。4プライのバイアス構造で12インチ。ホイールキャップもスタイリッシュだ。

ただ、スタイリング、メカニズムともに大変ユニークだったことは間違いなく「隠れた昭和の名車」と言えるだろう。

スズキ フロンテ800デラックス(C10型)諸元

●全長×全幅×全高:3870×1480×1360mm

●ホイールベース:2000mm

●車両重量:770kg

●エンジン型式・種類:C10型・直3 2ストローク

●排気量:7858cc

●最高出力:41ps/4000rpm

●最大トルク:8.1kgm/3500rpm

●トランスミッション:4速MT(コラムシフト)

●タイヤサイズ:6.00-12 4P

●新車価格:54万5000円

『昭和の名車 完全版 Volume 1』は2023年4月3日発売 – 株式会社モーターマガジン社

マツダ「新型ステーションワゴン」!? 最新マツダ顔の「最上級モデル」! 復活切望の「MAZDA6“ワゴン”」次期型予想CGがカッコイイ

マツダ「新型ステーションワゴン」!? 最新マツダ顔の「最上級モデル」! 復活切望の「MAZDA6“ワゴン”」次期型予想CGがカッコイイ

新型MINI Countrymanに強力なバッテリーを搭載した電動モデルが2種類追加

新型MINI Countrymanに強力なバッテリーを搭載した電動モデルが2種類追加

中国山東省栄成市のキャンピングカー輸出、23年17.8%増

中国山東省栄成市のキャンピングカー輸出、23年17.8%増

WEC開幕を前にかつてない苦戦を強いられるトヨタ。性能調整で重いマシンがタイヤのグレイニングを誘発か……小林可夢偉代表「マネジメントできない」

WEC開幕を前にかつてない苦戦を強いられるトヨタ。性能調整で重いマシンがタイヤのグレイニングを誘発か……小林可夢偉代表「マネジメントできない」

素人がつくる100万円の超小型EV 2025年量産化へのコンセプトカーが完成 プロの仲間も加わる【広島発】

素人がつくる100万円の超小型EV 2025年量産化へのコンセプトカーが完成 プロの仲間も加わる【広島発】

新型「小さな高級車」初公開! 全長4m級ボディで“600万円超え”! 内装は「丸テーブル+超高級ソファ」×オシャブルー!? 丸ライトの「イプシロン」伊で登場

新型「小さな高級車」初公開! 全長4m級ボディで“600万円超え”! 内装は「丸テーブル+超高級ソファ」×オシャブルー!? 丸ライトの「イプシロン」伊で登場

約200万円の新型「マーチ」日産が提案! 最新デザイン採用した「名車」の姿とは!? 日本導入も期待の「後継モデル」に反響あり!

約200万円の新型「マーチ」日産が提案! 最新デザイン採用した「名車」の姿とは!? 日本導入も期待の「後継モデル」に反響あり!

“ワイドすぎる”日産「新型GT-R」実車公開! 極太センターマフラー&巨大ウィング採用! 最新顔だけど実は旧モデル“な「35R-2024EDITION」とは

“ワイドすぎる”日産「新型GT-R」実車公開! 極太センターマフラー&巨大ウィング採用! 最新顔だけど実は旧モデル“な「35R-2024EDITION」とは

24年前の日産「スカイラインGT-R」が1億円!? なぜ国産スポーツカーは軒並み高騰? 豪州で見つかったR34GT-Rの“数奇な運命”とは

24年前の日産「スカイラインGT-R」が1億円!? なぜ国産スポーツカーは軒並み高騰? 豪州で見つかったR34GT-Rの“数奇な運命”とは

「新型ランクルプラド」が中国デビュー!! 価格は940万円~と超高級に 注目の2.4Lターボハイブリッドモデルはいかに???

「新型ランクルプラド」が中国デビュー!! 価格は940万円~と超高級に 注目の2.4Lターボハイブリッドモデルはいかに???

TOP STORIES

発見・体験、日本旅行に関する記事
Top List in the World