自動車

トヨタの電気自動車が200万円台前半で25年登場か!? 「bZスモールクロスオーバー」で日本のBEV普及の起爆剤となる!?

 bZ4Xの弟分という位置付けとなるトヨタ bZスモールクロスオーバー。2021年の「バッテリーEV戦略に関する説明会」で披露された中の一台だ。市販時には「bZ1X」という名称になるともいわれるコンパクトBEVは2025年登場が濃厚だ!!

※本稿は2024年1月のものです

文/ベストカー編集部、写真/トヨタ

初出:『ベストカー』2024年2月10日号

【画像ギャラリー】bZクロスオーバーコンセプトとそっくり!? 欧州で販売中のアイゴXと比較チェック(12枚)

■日本のBEV普及の起爆剤になるか!?

トヨタの電気自動車が200万円台前半で25年登場か!? 「bzスモールクロスオーバー」で日本のbev普及の起爆剤となる!?

内容しだいで人気が出そうなコンパクトBEV。補助金を使って200万円台前半が目標

 bZ4Xの弟分として登場するのがbZスモールクロスオーバー。トヨタが2021年末に開催した「バッテリーEV戦略に関する説明会」で披露したクルマで、市販時にはbZ1Xの車名となる可能性もある。

 トヨタのBEV専用プラットフォームe-TNGAの最小モデルで、小型車作りの得意なスズキとの共同開発BEVとなる。ボディサイズは全長3700mm、全幅1700mm前後で、前輪駆動の5ドアHBだ。

 トヨタはこのクルマが国内のBEV普及の起爆剤となることを期待しており、補助金を差し引いて200万円台前半の販売価格が目標。最新の駆動用バッテリーを搭載し、フル充電の航続距離はこのクラス最長の300km以上を狙っているという。スタイリッシュなデザインと併せ、量販が期待できる一台となる。

トヨタ bZスモールクロスオーバー予想スペック

・全長:3700mm

・全幅:1700mm

・全高:1530mm

・ホイールベース:2450mm

・パワーユニット:BEV

・モーター出力:120ps/30.0kgm

・駆動方式:FWD

・トランスミッション:―

・予想価格:320万円

TOP STORIES

発見・体験、日本旅行に関する記事
Top List in the World