自動車

日産の新型「最小級SUV」登場! 全長4m以下でアンダー200万円! MTとATの中間「新シフト」搭載の「マグナイトEZ-Shift」南アで登場に反響集まる

日産コンパクトSUV「マグナイト」に新型AMT「EZ- Shift」を導入!

 日産の南アフリカ法人は、日産最小級SUVの「マグナイト」に新たなAMT「EZ- Shift」搭載車を追加すると2023年11月7日に発表しました。これについて、日本のSNSユーザーからも反響が集まっています。

日産の新型「最小級suv」登場! 全長4m以下でアンダー200万円! mtとatの中間「新シフト」搭載の「マグナイトez-shift」南アで登場に反響集まる

新シフト採用の日産新型「マグナイトEZ-SHIFT」

新シフト採用の日産新型「マグナイトEZ-SHIFT」

 マグナイトは、スタイリッシュながら力強くダイナミックなデザインや、優れた機能性を特徴とするBセグメントのコンパクトSUVです。南アフリカでは2021年から販売が始まりました。

【画像】「えっ…!」 これが日産”新型最小SUV”「マグナイト」です!画像で見る(30枚以上)

 ボディサイズは全長3994mm×全幅1758mm×全高1572mmと、日本で販売されているクルマでいえばトヨタ「ライズ」と同等。日産のラインナップの中では最も小さい“日産最小のSUV”となります。

 今回追加されたEZ-Shiftモデルは、最高出力72馬力・最大トルク96Nmを発揮する1.0リッター自然吸気エンジンに自動マニュアルトランスミッション(AMT)を組み合わせます。

 AMT(Automated Manual Transmission)は、マニュアルと似た動作をしますが、ギアのシフト操作とクラッチ操作を運転者の代わりに自動で制御する仕組みです。EZは、Easyの略であり、運転状況を考慮してクラッチ操作を自動的に行います。

 また、デュアルドライビングモードを備えたEZ-Shiftは、自動モードと手動モードを簡単に切り替えが可能。インテリジェントクリープ機能を使用すると、ブレーキペダルから足を放すだけで、AT車同様のクリープ現象を再現します。

 EZ-ShiftはVisia、Acenta、Acenta Plusの3グレードを設定。エントリーモデルのVisiaは、16インチのスチールホイール、リアパーキングセンサー、ハロゲンヘッドライト、2 DINオーディオシステムを装備。ミドルレンジのAcentaは、16インチのアロイ、キーレスエントリー、プッシュスタート/ストップボタン、8インチのインフォテインメントシステム、バックカメラ、タイヤ空気圧モニターを採用しています。

 最上位モデルのAcenta Plusは、LEDヘッドライトとアラウンドビュー モニターが追加されます。

 マグナイトEZ-Shiftの価格は、24万3900ランド(約191万円)から27万9900ランド(約219万円)です。

※ ※ ※

 マグナイトEZ-Shiftの登場に、「デザインいいなあ」「バランスが良いね」など称賛の声が多数寄せられています。

 このほか「日本にきてほしいなあ」「なんでこういうクルマを日本で売らないんだろう」「頼むよ日産!」「ライズやヤリスクロスのライバル車になると思うんだけどな」と熱望する声など、様々な反響が集まっていました。

TOP STORIES

発見・体験、日本旅行に関する記事
Top List in the World