自動車

「ミニバン最安」シエンタ7人乗り!! 「ガチ四駆」ジムニーシエラも!! 100万円台で個性タップリな登録車3選

 100万円台で登録車を買おうとすると、「ベーシックなクルマしか買えないんじゃないか」と思われるかもしれないが、そんなことはない。100万円台でも他とは違う個性を持った3台をピックアップ!!

※本稿は2024年1月のものです

文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部、トヨタ、マツダ、スズキ

初出:『ベストカー』2024年2月10日号

【画像ギャラリー】クルマ選びは楽しまないと!! 100万円台で買える個性派登録車を写真でチェック(22枚)

■100万円台でもクルマ選びは楽しみたい!!

「ミニバン最安」シエンタ7人乗り!! 「ガチ四駆」ジムニーシエラも!! 100万円台で個性タップリな登録車3選

マツダ2に搭載される1.5Lディーゼルターボはガソリン車なら2.5Lクラスに相当する25.5kgmのトルクを発生する

 100万円台で買える軽自動車以外の登録車(小型/普通車)では、ヤリスやフィットなど、ガソリンエンジンを搭載するコンパクトカーが主役だ。

 その一方で、少数ながら個性的な車種も選べるのでそこに注目してみたい。具体的にはコンパクトな3列シートミニバンのシエンタ、本格的な悪路向けSUVのジムニーシエラ、クリーンディーゼルターボを搭載するマツダ2のXDなど。

 本来であればガソリンターボ+4WDを搭載するロッキーLやライズXも取り上げたいが、ダイハツによる認証手続きの不正問題により、今は出荷と販売が停止されている。

 そこでダイハツ車、およびダイハツがトヨタなどに供給するOEM車は、トールやルーミーも含めて扱わないことにした。

 ここではシエンタ、ジムニーシエラ、マツダ2XDの3車種を個性派モデルとして取り上げることにしよう。

■マツダ2は100万円台唯一のディーゼル!!

 マツダ2の特徴は、コンパクトカーで唯一、クリーンディーゼルターボを搭載することだ。ディーゼル車の排気量は大半が2L以上だが、マツダ2は1.5Lの小排気量車。

 ディーゼルの一番のメリットは、実用回転域の駆動力が高いこと。6速ATの最大トルクは25.5kgm(1500~2500rpm)だから、2.5Lのガソリンに相当する。

 その一方で2WDのWLTCモード燃費は21.6km/Lと優れ、軽油の価格はレギュラーガソリンよりも1L当たり約20円安い。

 そうなるとマツダ2 XDの燃料代は、ノートe-POWERやフィットe:HEVなど、ライバル車のハイブリッドに近い金額に抑えられる。動力性能も高いから、ディーゼルは買い得度の高い優れたエンジンだ。

 ただし100万円台のディーゼルは最廉価グレードの「XD」に限られる。

 衝突被害軽減ブレーキは、時速30kmが上限のスマートシティブレーキサポートのみが標準装着され、それ以上の速度域で作動するスマートブレーキサポートは、オプションでも装着不可。運転支援機能のレーダークルーズコントロールも同様だ。

 マツダ2のディーゼルが欲しいなら、208万4500円のXD BDを選び、スマートブレーキサポートなどがセットされるセーフティクルーズパッケージ(6万6000円)をオプション装着したい。

マツダ MAZDA2(XD)快適装備表

・エアコン:マニュアルのみ

・オーディオ:あり(OP選択可)

・キーレスエントリー:あり

・ホイール:スチールのみ

マツダ MAZDA2(XD)安全装備表

・衝突被害軽減ブレーキ:○

・追従クルーズコントロール:×

・誤発進抑制:○(前後)

・後側方接近車両検知:○

マツダ MAZDA2(XD)諸元表

・全長×全幅×全高:4080×1695×1500mm

・ホイールベース:2570mm

・車重:1140kg

・エンジン:直列4気筒DOHCディーゼルターボ、1.5L

・最高出力:105ps/4000rpm

・最大トルク:25.5kgm/1500-2500rpm

おススメ度:55点

■シエンタは100万円台唯一の3列シート!!

「ミニバン最安」シエンタ7人乗り!! 「ガチ四駆」ジムニーシエラも!! 100万円台で個性タップリな登録車3選

シエンタは薄型燃料タンクにより床が低く、3列目シートの座面と床の間隔が大きく、比較的楽な姿勢で座ることが可能。こうしたパッケージングは最廉価仕様でも変わらない

 全長を4260mm、全幅と全高を1695mmに設定したミニバンで、最も安価な「X」は7人乗りが199万円だ。ライバル車のフリードは、全車の価格が200万円を超えるから、シエンタ「X」は日本で買える最も安価な3列シート車ということになる。

 シエンタの全高は1700mm以下だが、薄型燃料タンクの採用によって床が低い。その効果で3列目の床と座面の間隔は、フリードを約40mm上まわり、膝の持ち上がる窮屈な着座姿勢になりにくい。

 コンパクトなボディでも多人数乗車に対応。3列目のシートは、2列目の下に格納されるため、スッキリした広い荷室に変更できることも特徴だ。

 199万円のシエンタ「X」で注意したいのは装備だ。衝突被害軽減ブレーキや運転支援機能は採用するが、後方の並走車両を検知して知らせるブラインドスポットモニター、スマートエントリー、ディスプレイオーディオなどはオプション設定になる。

 これらをすべて装着すると、価格が約24万円高くなる。スライドドアの電動機能も左側だけに標準装着され、右側はオプションでも装着できない。

 よってノーマルエンジン車での一般的な選択肢は234万円のGとなるのだが、ディーラーオプションの安価なカーナビを付けることでディスプレイオーディオが不要な場合は、「X」を選ぶ方法もある。

トヨタ シエンタ(X・7人乗り)快適装備表

・オーディオ:オーディオレス(OP選択可)

・キーレスエントリー:あり(OP選択可)

トヨタ シエンタ(X・7人乗り)安全装備表

・追従クルーズコントロール:○(全車速)

・誤発進抑制:○(前)※後退時の誤発進抑制機能はオプション

・後側方接近車両検知:オプション

トヨタ シエンタ(X・7人乗り)諸元表

・全長×全幅×全高:4260×1695×1695mm

・ホイールベース:2750mm

・車重:1350kg

・エンジン:直列3気筒DOHC、1.5L+モーター

・エンジン出力:91ps/12.2kgm

・モーター出力:(F)80ps/14.4kgm(R)3ps/4.5kgm

おススメ度:67点

■100万円台で登録車の本格クロカンが買える!?

「ミニバン最安」シエンタ7人乗り!! 「ガチ四駆」ジムニーシエラも!! 100万円台で個性タップリな登録車3選

жњ¬ж јзљ„г‚Їгѓ­г‚«гѓі4WDгЃ®г‚№г‚єг‚­ г‚ёгѓ гѓ‹гѓјг‚·г‚Ёгѓ©гЂ‚200万円を切る価格というのは魅力的гЃ

 軽自動車のジムニーをベースに開発された小型車で、後輪駆動をベースにした4WDと、駆動力を高める副変速機を搭載する本格的な悪路向けのSUVである。ボディは外装パーツの装着によってジムニーよりも少し大きいが、車内の広さは同じだ。

 エンジンは直列4気筒1.5Lで、排気量はジムニーの2倍以上に増える。ジムニーと違ってターボは装着されないが、実用回転域の駆動力が高く、峠道や高速道路から悪路まで運転しやすい。全幅の拡大に伴ってトレッドも130mm広がり、走行安定性も向上した。

 したがってシエラは、商品力がジムニーよりも高い。悪路を含めて一般的にメリットが多いのはシエラだ。

 グレードはJLと上級のJCを選べるが、後者の4速AT仕様は価格が200万円を超える。100万円台で買えるJCは5速MTだ。車両の性格を考えると5速MTも魅力だが、装備内容は、4速ATが196万2400円のJLでも相応に充実する。

 唯一の不満は、JCのヘッドランプがLEDなのに、JLはハロゲンになること。この点を許容できればJLでも満足できる。

 JLのホイールはスチールだが、ブラックでカッコイイ。特に悪路を走る場合、アルミホイールはキズが気になるが、スチールであればツール感覚で使いこなせる。ジムニーシエラとJLの装備内容は親和性が高い。

スズキ ジムニーシエラ(JC)快適装備表

・エアコン:フルオート

・オーディオ:オーディオレス

・ホイール:アルミのみ

スズキ ジムニーシエラ(JC)安全装備表

・誤発進抑制:×

・後側方接近車両検知:×

スズキ ジムニーシエラ(JC)諸元表

・全長×全幅×全高:3550×1645×1730mm

・ホイールベース:2250mm

・車重:1080kg

・エンジン:直列4気筒DOHC、1.5L

・最高出力:102ps/6000rpm

・最大トルク:13.3kgm/4000rpm

おススメ度:85点

マツダ「新型ステーションワゴン」!? 最新マツダ顔の「最上級モデル」! 復活切望の「MAZDA6“ワゴン”」次期型予想CGがカッコイイ

マツダ「新型ステーションワゴン」!? 最新マツダ顔の「最上級モデル」! 復活切望の「MAZDA6“ワゴン”」次期型予想CGがカッコイイ

新型MINI Countrymanに強力なバッテリーを搭載した電動モデルが2種類追加

新型MINI Countrymanに強力なバッテリーを搭載した電動モデルが2種類追加

中国山東省栄成市のキャンピングカー輸出、23年17.8%増

中国山東省栄成市のキャンピングカー輸出、23年17.8%増

WEC開幕を前にかつてない苦戦を強いられるトヨタ。性能調整で重いマシンがタイヤのグレイニングを誘発か……小林可夢偉代表「マネジメントできない」

WEC開幕を前にかつてない苦戦を強いられるトヨタ。性能調整で重いマシンがタイヤのグレイニングを誘発か……小林可夢偉代表「マネジメントできない」

素人がつくる100万円の超小型EV 2025年量産化へのコンセプトカーが完成 プロの仲間も加わる【広島発】

素人がつくる100万円の超小型EV 2025年量産化へのコンセプトカーが完成 プロの仲間も加わる【広島発】

新型「小さな高級車」初公開! 全長4m級ボディで“600万円超え”! 内装は「丸テーブル+超高級ソファ」×オシャブルー!? 丸ライトの「イプシロン」伊で登場

新型「小さな高級車」初公開! 全長4m級ボディで“600万円超え”! 内装は「丸テーブル+超高級ソファ」×オシャブルー!? 丸ライトの「イプシロン」伊で登場

約200万円の新型「マーチ」日産が提案! 最新デザイン採用した「名車」の姿とは!? 日本導入も期待の「後継モデル」に反響あり!

約200万円の新型「マーチ」日産が提案! 最新デザイン採用した「名車」の姿とは!? 日本導入も期待の「後継モデル」に反響あり!

“ワイドすぎる”日産「新型GT-R」実車公開! 極太センターマフラー&巨大ウィング採用! 最新顔だけど実は旧モデル“な「35R-2024EDITION」とは

“ワイドすぎる”日産「新型GT-R」実車公開! 極太センターマフラー&巨大ウィング採用! 最新顔だけど実は旧モデル“な「35R-2024EDITION」とは

24年前の日産「スカイラインGT-R」が1億円!? なぜ国産スポーツカーは軒並み高騰? 豪州で見つかったR34GT-Rの“数奇な運命”とは

24年前の日産「スカイラインGT-R」が1億円!? なぜ国産スポーツカーは軒並み高騰? 豪州で見つかったR34GT-Rの“数奇な運命”とは

「新型ランクルプラド」が中国デビュー!! 価格は940万円~と超高級に 注目の2.4Lターボハイブリッドモデルはいかに???

「新型ランクルプラド」が中国デビュー!! 価格は940万円~と超高級に 注目の2.4Lターボハイブリッドモデルはいかに???

TOP STORIES

発見・体験、日本旅行に関する記事
Top List in the World