自動車

スーパーカー並の加速力!? まもなく世界初公開される大型電動SUV ジープ新型「ワゴニアS」ってどんなクルマ?

トータル600馬力を誇る電動SUV

 ステランティスの米国ブランド「Jeep(ジープ)」は2024年1月30日、まもなく世界初公開される予定の「Wagoneer S(ワゴニアS)のエクステリア、およびインテリアのティザー写真を公開しました。

スーパーカー並の加速力!? まもなく世界初公開される大型電動suv ジープ新型「ワゴニアs」ってどんなクルマ?

まもなく世界初公開される予定のSUV、ジープ新型「ワゴニアS」

【画像】「えっ…!?」SUVなのにすごい加速! ジープ新型「ワゴニアS」の写真を見る(13枚)

 新型ワゴニアSは、ジープブランドのフルエレクトリック(BEV)モデルです。

 ジープブランドは2030年までにアメリカにおける新車販売の50%をBEVとし、また、同年までにヨーロッパで販売する新車の100%をBEVとする予定といいます。

 その計画に沿って、2022年9月に新たに4台のBEVモデルの投入が発表されましたが、その4台のうちの1台がワゴニアSとなります。

 まだ詳細は明らかになっていませんが、新型ワゴニアSはステランティスの大型車向けプラットフォーム「STLAラージ」を採用、駆動方式はジープらしく、前後にモーターをそなえた4xe(4WD)となります。

 トータル出力は600馬力で、0−60mph(約96km/h)加速は約3.5秒と、スーパーカー並のパフォーマンスを発揮するといいます。また1回の満充電で最大400マイル(約640km)の航続距離となる予定です。

 エクステリアデザインは、LED内臓の“光る”7スロットグリルを採用。空力に優れたエクステリアと、一目でワゴニアとわかるサイドシルエットに見事に融合されています。

 インテリアは、職人が丁寧に仕上げたディテールとシームレスに統合されたプレミアムテクノロジーが採用されています。ジープブランド独自の「セレクテレイン」機能も搭載、好みの色が選択できるアンビエント照明なども装備されます。また標準でデュアルパノラミックサンルーフも採用されています。さらに19スピーカーのプレミアムマッキントッシュオーディオシステムも搭載される予定です。

※ ※ ※

 ジープ新型ワゴニアSは、2024年秋に米国市場で発売される予定で、その後世界中の主要市場で展開される予定です。車両価格など詳細は未定です。

 日本での展開の有無や導入スケジュールなども未定となっています。

TOP STORIES

発見・体験、日本旅行に関する記事
Top List in the World