自動車

実車公開されたマツダ「和製スポーツカー」に反響続出! ロータリーエンジン&斬新ドア採用! 青内装がめちゃオシャな「ICONIC SP」とは

マツダのコンセプトカー「ICONIC SP」に注目集まる

 マツダは、コンセプトカー「ICONIC SP(アイコニック エスピー)」を2023年11月下旬のジャパンモビリティショーに続きも、名古屋・大阪・福岡の各モビリティショーにも出展。

 多くのマツダファンが注目していたこともあり、様々な反応が集まっていました。

実車公開されたマツダ「和製スポーツカー」に反響続出! ロータリーエンジン&斬新ドア採用! 青内装がめちゃオシャな「iconic sp」とは

これは絶対発売して欲しい…マツダ「アイコニックSP」

これは絶対発売して欲しい…マツダ「アイコニックSP」

【画像】めちゃカッコイイ! マツダ「新型スポーツカー」の斬新”青内装”を画像で見る(30枚以上)

 アイコニックSPについて、マツダは以下のように説明しています。

「『クルマが好き』という気持ち、『純粋に楽しいクルマがほしい』というお客さまの気持ちに応える、新しい時代に適合した、新しいジャンルのコンパクトスポーツカーコンセプトです」

 サイズは全長4180mm×全幅1850mm×全高1150mmで、ロードスターほどではないですが、かなりコンパクトにまとまっています。ホイールベースは2590mm、車両重量は1450kgです。

 パワートレインは、水素など様々な燃料を燃焼する拡張性の高いロータリーエンジンを活用した「2ローターRotary-EVシステム」を採用。最高出力は370馬力です。

 搭載バッテリーは、再生可能エネルギー由来の電力で充電すると、実質カーボンニュートラルでの走行が可能となります。

 外板色は、鮮やかな赤の「VIOLA RED(ヴィオラ・レッド)」を使用。この色は“赤を大切にしたい”という想いをもとに、“前向きに今日を生きる人の輪を広げる”という企業理念を重ね合わせて作られています。

 ドアの開閉方式には、スーパーカーのような「バタフライドア」を採用。内装は、落ち着いたネイビーでカラーリングされており、上質さを持ち合わせつつシンプルなデザインに仕上がっています。

※ ※ ※

 アイコニックSPの登場にSNSユーザーからは、「色々説明しなくてもとにかくスタイリングが美しい」「RX-7のような雰囲気もあって美しい」「最高にかっこいい」など多くの称賛の声が集まっていました。

 名古屋モビリティショーの来場者からは「確かに美しい車で、マツダのブースは他のブースよりも相対的に混み合っていた印象です」とのコメントも寄せられています。

 また、「もう絶対欲しいから出して」「このまま市販化してくれ」など市販化を熱望する声も。

 マツダの新しいジャンルのコンセプトモデルということもあり、注目度は高そうです。

TOP STORIES

発見・体験、日本旅行に関する記事
Top List in the World