自動車

トヨタ主導でパワーユニットも大変更!! 新型「GR86」300psオーバーの直3ターボ+ハイブリッドで25年登場か!?

 2025年登場予定とベストカースクープ班が情報をキャッチしている新型GR86。初代および現行の2代目はスバル主導で開発されたが、新型ではトヨタ主導で、GRヤリス、GRカローラと同じ直3、1.6Lターボを搭載するという情報が!!

※本稿は2024年1月のものです

文、予想CG/ベストカー編集部、写真/トヨタ

初出:『ベストカー』2024年2月10日号

【画像ギャラリー】えーっ!! 水平対向じゃなくなっちゃうの!? 次期型GR86の予想CGをチェック(12枚)

■次期型はターボHEVか!?

トヨタ主導でパワーユニットも大変更!! 新型「gr86」300psオーバーの直3ターボ+ハイブリッドで25年登場か!?

基本プロポーションは現行型を踏襲。2+2シーターのFRで登場(ベストカー編集部が作成した予想CG)

 次期GR86も2025年登場車の目玉。次期型はGRヤリス、GRカローラの直3、1.6LターボのHEVで登場するという情報だ。

 駆動方式はFRを継承するのでHEVシステムは横置きエンジン、前輪駆動ベースのTHS(トヨタハイブリッドシステム)ではなく、今年登場のランクル250の北米・中国仕様、それにレクサスGXに搭載予定のパラレル式が有力。

 エンジンを縦に置き、クラッチを介してモーターと直列に繋がるシステムで、ランクル250では8速ATと組み合わされているが、86ではATとともに当然3ペダルMTも用意されるだろう。システム出力は300psオーバーとなりそうだ。

 初代〜2代目(現行型)と開発はスバル主導でプラットフォームもスバルのものだったが、次期型はトヨタが開発を主導。ただし、BRZも86と同時に新型が登場する。

 BEVもあるかどうか気になるところだが、現時点での情報では「なし」。HEVスポーツ一本で新たな展開を見せる。現行型と同じコンパクトな2+2クーペで登場する。

新型トヨタ GR86予想スペック

・全長:4400mm

・全幅:1800mm

・全高:1300mm

・ホイールベース:2600mm

・パワーユニット:直3、1.6LターボHEV

・システム出力:330ps

・駆動方式:FR

・トランスミッション:6MT/8AT

・予想価格:400万〜450万円

TOP STORIES

発見・体験、日本旅行に関する記事
Top List in the World