自動車

雪道での安心感は、日産車の中でも間違いなくトップレベル! 日産・キックス「e-POWER 4WD」 試乗インプレッション

雪道での安心感は、日産車の中でも間違いなくトップレベル! 日産・キックス「e-power 4wd」 試乗インプレッション

雪道での安心感は、日産車の中でも間違いなくトップレベル! 日産・キックス「e-POWER 4WD」 試乗インプレッション

画像(4枚)

日産は、ミドルSUVのエクストレイルに緻密な前後輪の駆動制御を売りとする最新の「e-4ORCE」を搭載し、冬の道路での優位性を強くアピールしているが、コンパクトSUVのキックスに搭載している「e-POWER 4WD」もなかなかの実力を持つ優れた電動4WDシステムだ。ここではキックスの雪道での走りの実力にも注目してみたい。

●文:川島茂夫 ●写真:日産自動車/編集部

「e-4ORCE」とは制御系の構成は異なるが、雪道との相性の良さは変わらない

キックスは、先代ノートをベースに開発されたコンパクトSUV。海外で生産される「日の丸輸入車」になるが、日本国内のコンパクトSUVニーズにガチハマりしていることもあって、登場以来、高い人気を集めている一台だ。2022年夏にはe-POWERを現行ノートと同じ第二世代に移行し、そのタイミングで4WD車を追加。今回試乗したモデルは、その4WDモデルになる。

電動4WDの使い方、あるいはその制御思想は、最高峰に君臨する「e-4ORCE」と同じだが、制御系の構成が異なり、e-4ORCEはトルクベクタリングも含む制御系が統合されているが、e-POWER 4WDは個別制御を基本にする。結果、駆動制御の緻密さはe-4ORCEに及ばない。実際に走った印象も、ドライバーが感覚として捉えられないようなスリップの兆しにも対応してくれるe-4ORCEに比べると、e-POWER 4WDはスリップを感じてから制御するような感覚が強めだ。

雪道での安心感は、日産車の中でも間違いなくトップレベル! 日産・キックス「e-power 4wd」 試乗インプレッション

雪道での安心感は、日産車の中でも間違いなくトップレベル! 日産・キックス「e-power 4wd」 試乗インプレッション

キックスの4WD車はツインモーター仕様。前輪駆動用モーターはFF車と同じ最高出力100kWを発揮、後輪駆動用モーターは最高出力50kWを発揮する。電動4WDシステム「e-POWER 4WD」は、コンパクトSUVとしては破格と言っていいほどの後輪駆動力を持つことも強みになっている。

限界を超えた時からの回復力も優秀。エクストレイルに勝る強みのひとつ

ただし、コンパクトな車体寸法と軽量の恩恵もあって、シャシー設計が一世代が古く制御性能が劣っていても、雪路走行時のストレスの少なさはエクストレイルに勝る。またオーバースピードで限界を超えた時の回復性はエクストレイルよりも素早い。個人的には雪道で緊張感少なくドライブできたのは、キックスの方だった。

雪道での安心感は、日産車の中でも間違いなくトップレベル! 日産・キックス「e-power 4wd」 試乗インプレッション

操舵角と車体スリップアングル、回頭の感覚は、e-4ORCEが組み合わされるエクストレイルとよく似ている。つまり、車両の安定や挙動収束、コントロール性といった考え方は共通だ。

キックスのFF車と4WD車の価格差は約26万円。オンロードでも後輪の駆動トルクを積極的に使う設計はエクストレイルと同じで、操安性や乗り心地の視点でも4WD車を選びたくなる。4WD車は生活四駆レベルのモデルが多いコンパクトSUVの中では、キックスの4WD車は相当な実力モデルと考えていい。冬のドライブのお供として、エクストレイルに負けない魅力を持っているのだ。

次ページ 【画像】この記事に関連する写真をすべて見る(全4点)

※本記事の文責は当該執筆者(もしくはメディア)に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

TOP STORIES

発見・体験、日本旅行に関する記事
Top List in the World