自動車

光岡自動車、バディに精悍さを際立たせた特別限定車「MJ スタイル」を発売

2024年1月25日、光岡自動車(以下、ミツオカ)は同社初のSUV「バディ(Buddy)」に20台限定の特別仕様車「バディ MJ スタイル(Buddy MJ style)」を設定して発売する。

光岡自動車、バディに精悍さを際立たせた特別限定車「mj スタイル」を発売

「MJ」とは、何のイニシャル?

光岡自動車、バディに精悍さを際立たせた特別限定車「mj スタイル」を発売

ミツオカ バディ初の限定車、「MJ スタイル」。

バディは、トヨタ RAV4をベースにミツオカがアメリカンテイストにカスタマイズした、同社初のSUVだ。2020年11月に発表されて以来、瞬く間に注目を集めて高人気となった。2024年1月現在で、約1100台を販売している。

今回、発表された「MJ スタイル」は、エクステリアはブラックを基調に、ルーフをレッドにした専用ボディカラーを採用して、精悍さを際立たせている。また、インテリアもレッドの特別な専用レザーシート&トリムセットを装備して、刺激的な空間を演出している。

アメリカンテイスト SUVのバディに、「MJ」というイニシャルと、MJブラックマイカにスリラーレッドという色名のカラーコーディネートから、「この限定車は、“キング of ポップ”と呼ばれたマイケル・ジャクソンをオマージュしたものか?」などと編集部では勝手に憶測したのだが、ミツオカでは「マイケル・ジャクソンとかマイケル・ジョーダンとか、お好きにイメージしてもらってかまいません。光岡自動車も『MJ』ですしね(笑)」ということだった。

生産時期は2024年末ごろを予定

光岡自動車、バディに精悍さを際立たせた特別限定車「mj スタイル」を発売

エクステリア同様にブラック×レッドでコーディネートされた、MJ スタイルのインテリア。

さて、3年以上も高人気が続くバディだが、標準モデルの販売可能台数は残り90台ほどだという。今回の「MJ スタイル」を合わせても、累計生産台数は約1220台となる見込みだ。

MJ スタイルのパワートレーンは2Lの直4 ガソリンエンジンとダイレクトCVTの組み合わせのみ。限定台数と車両価格(税込)は、2WDが限定15台で678万円、4WDが限定5台で697万5800円。いずれも、申し込み順に受け付ける。

なお、MJスタイルの生産時期は標準モデルの全数出荷後となるため、2024年末ごろを予定している。詳細に関しては、ミツオカのホームページを参照して欲しい。

●専用ボディカラー:MJブラックマイカ/スリラーレッド 2トーン

●専用レザーシート&トリムセット:ブラック/レッド(全席・合成皮革+ステッチ付き)

●専用ドアエンブレム(左右)

●225/70R16タイヤ(BF トレイルテレーン)

●6.5J アルミホイール(ディーンクロスカントリー製、ホワイト塗装)

●リア七宝焼きエンブレム(ブラック)

●パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)+ブラインドスポットモニター

ミツオカ バディ【1分で読める国産車解説/2023年版】 – Webモーターマガジン

TOP STORIES

発見・体験、日本旅行に関する記事
Top List in the World