自動車

全長4.4mのコンパクトSUV 三菱新型「エクスフォース」インドネシアから輸出開始! 日本導入の可能性はある!?

ASEAN地域や中南米、アフリカなどに輸出される国際戦略車

 三菱自動車は2024年2月5日、インドネシアで生産される新型コンパクトSUV「XFORCE(エクスフォース)」の輸出を開始したと発表しました。

全長4.4mのコンパクトsuv 三菱新型「エクスフォース」インドネシアから輸出開始! 日本導入の可能性はある!?

インドネシアで生産される 三菱の新型コンパクトSUV「エクスフォース」

【画像】SNSでは「日本でも欲しい」という声が多数! 三菱新型「エクスフォース」を写真で見る(18枚)

 新型エクスフォースは2023年8月に開催されたインドネシア国際オートショーで世界初公開された、コンパクトSUVです。ASEAN地域でのコンパクトSUVの使われ方にこだわって開発された5人乗りモデルで、「Best-suited buddy for an exciting life(毎日を愉しく過ごすことができる頼もしい相棒)」をコンセプトに開発されました。

 ボディサイズは全長4390mm×全幅1810m×全高1660mm、ホイールベースは2650mmで、日本市場で販売されている三菱のコンパクトSUV「RVR」の全長4360mm×全幅1810m×全高1630mm、ホイールベース2670mmとほとんど変わらないサイズ感となっています。

 エクステリアは「Silky & Solid」をコンセプトに、スタイリッシュかつ力強い本格的なSUVデザインを実現。クラストップレベルの222mmという最低地上高や、18インチホイール&タイヤによって悪路走破性を確保することで、アスリートのような敏捷性を表現しています。

 フロントは三菱の「ダイナミックシールド」を進化。フロントグリルを左右バンパーでプロテクトする造形と立体的に一体化させることで、奥行き感のあるスポーティなフロントフェイスに仕上げています。またLEDデイタイムランニングランプは、L字型とスリット状の造形を組み合わせてT字型に発光させ、遠くからでもひと目で三菱車と分かるデザインとしています。

 コンパクトなボディサイズながらクラストップレベルの広い室内空間を実現。多彩な収納スペースを用意するなど快適性と実用性を両立しています。

 インテリアは水平基調で前方の視認性を高めるとともに、悪路走行じの車体姿勢の変化をつかみやすくしています。

 インパネのパッド素材には、三菱車で初めてメランジ生地を採用、ドアトリムまで連続させることで包まれ感を演出しています。さらに12.3インチのスマートフォン連携ディスプレイオーディオとデジタルドライバーディスプレイを一体化させた大型のモノリス形状のパネルにより、先進感も演出しています。

全長4.4mのコンパクトsuv 三菱新型「エクスフォース」インドネシアから輸出開始! 日本導入の可能性はある!?

輸出が開始された三菱新型「エクスフォース」

※ ※ ※

 今回、インドネシアの生産拠点、ミツビシ・モータース・クラマ・ユダ・インドネシア(MMLI)で生産され、首都ジャカルタ市から北に10kmに位置するタンジュンプリオク港から輸出される新型エクスフォースは、ベトナム仕様。今後フィリピンなどのASEAN地域や南アジア、中南米、中東、アフリカにも順次展開していくといいます。

新型エクスフォースへのSNSでの反響とは

 新型エクスフォースについて、SNSでは「これカッコいい!欲しい!」「日本では買えないの?」という好意的なコメントが多数上がっています。

 またデザインについても「なんか大きく立派に見える」「ボルボのSUVみたいでカッコいい」という声が上がっています。

全長4.4mのコンパクトsuv 三菱新型「エクスフォース」インドネシアから輸出開始! 日本導入の可能性はある!?

三菱新型「エクスフォース」のインテリア

 新型エクスフォースは、日本でも使い勝手の良さそうな、全長4.3mのコンパクトSUVですが、日本で販売される可能性はあるのでしょうか。

 三菱の関係者によると「現在のところ日本への導入の具体的な話はありません」といいます。

 日本での三菱のSUVラインナップでもっともコンパクトなサイズの「RVR」が、すでに登場から15年目を迎えるということもあり、新型エクスフォースの日本導入に期待したいところです。

TOP STORIES

発見・体験、日本旅行に関する記事
Top List in the World