自動車

農具小屋がスポーツカーのガレージに大変身! マクラーレン720SスパイダーとアルピーヌA110Sアセンション、2台のスポーツカーに出会ったオーナーの人生も大変身!!

農具小屋がスポーツカーのガレージに大変身! マクラーレン720sスパイダーとアルピーヌa110sアセンション、2台のスポーツカーに出会ったオーナーの人生も大変身!!

農具小屋がスポーツカーのガレージに大変身! マクラーレン720SスパイダーとアルピーヌA110Sアセンション、2台のスポーツカーに出会ったオーナーの人生も大変身!!

【写真16点】農具小屋がスポーツカーのガレージに大変身! マクラーレン720SスパイダーとアルピーヌA110Sアセンション、2台のスポーツカーに出会ったオーナーの人生も大変身!!の詳細画像をチェック

『エンジン』の人気企画、「2台持つとクルマはもっと楽しい」。マクラーレンとアルピーヌ、いずれも走るためだけに生まれたようなスーパーカーとスポーツカーの2台を洒落たガレージに納める向井豊さん。かつてはバイクで全国を走り回っていたが、この2台で向かうのはサーキットだ。

クルマのための空間

「一期一会」という言葉があるが、それは何も人との出会いに限ったことではない。クルマとの出会いも、時として世界を広げ、人生を豊かにしてくれることがある。

大型の電動シャッターを備えた広い間口と、フラットなアプローチというまさにスーパーカーにはうってつけのガレージに、20年型のマクラーレン720Sスパイダーと22年型のアルピーヌA110Sアセンションを並べる向井さんもそんな経験をもつ一人である。

農具小屋がスポーツカーのガレージに大変身! マクラーレン720sスパイダーとアルピーヌa110sアセンション、2台のスポーツカーに出会ったオーナーの人生も大変身!!

「実はここ、35年くらい前に建てた農機具小屋だったんですよ。車庫の裏の駐車場は元々ウチの田んぼで、コンバインとか、トラクターとかお米の乾燥機とか入れていたんです」

向井さんがこの場所をガレージに改装したのは一昨年のこと。当初はシャッターが1カ所だけだったのだが、フェラーリ・ポルトフィーノを手に入れたことをきっかけにもう1カ所増設したのだそうだ。

「18年の5月に注文してから2年掛かりで納車されたんです。そこでさらに良くしようと、建築家に頼んで大々的にリノベーションして、ようやくこの9月に完成したところなんですよ。断熱材もエアコンも入れ、換気扇をつけて空気が流れるようにしてあるので、クルマを保管する環境はちゃんとしていると思います」

ガレージ内の片面の壁が赤く塗られ、良いアクセントになっているのはフェラーリを意識してのことだという。しかしながらその間にマクラーレンが増車され、ポルトフィーノがA110に入れ替えられることとなった。果たしてそこにどんな経緯があったのだろうか?

免許を取って以降、ホンダ・プレリュード、ユーノス・ロードスター、ボルボなど色々なクルマを乗り継いできた向井さんだが、これまでもっぱら趣味の対象だったのは、スキー、ダイビング、オートバイ、そしてカメラなどアクティブなものばかりだったそうだ。

「スキーもカメラもスクールに通って勉強してね。そういうところに行かないと上手くならないし、結構好きなんですよ。バイクも最初は中型だったけど物足りなくなって大型を取ってBMW R1200STを買ったりしてね。スキーもバイクも、行った先々で風景写真が撮れるでしょ。バイクでは九州から北海道までいろんなところに行ったけど、どこの店が美味いということよりも、綺麗なとこと、走って面白いところは沢山知っています(笑)」

これがアドレナリンか!

そんな向井さんの趣味の世界を一変させたのがコロナ禍だった。

「どこかに行かないとできない趣味でしょ。お金持ちの皆さんが旅行に行けないから、クルマを買おう、時計を買おうという気持ちがよくわかります。そんな時に友達に誘われてマクラーレンを見に行ったんです。うわ~カッコいいと一目惚れでしたね。スパイダーだし、白と黒という色も良かった。スーパーカーなんて2度と買わないかもしれないから行っておこうと即決しました」

農具小屋がスポーツカーのガレージに大変身! マクラーレン720sスパイダーとアルピーヌa110sアセンション、2台のスポーツカーに出会ったオーナーの人生も大変身!!

720Sスパイダーはオープンカーならではの開放感はもとより、ドアの中にインテークが備わるなど徹底した空力コンシャスなデザインもお気に入りのポイント。「ブレーキ・ペダルは踏力が必要で、サーキットに行くと足がパンパンになりますが(笑)、後方視界はいいし運転しやすい。初心者でも乗れるスーパーカーですよ」

そしてこの内外装に多数のカーボンパーツをあしらったオプションのカーボンファイバー・エクステリア・アップグレード・パックを装着した720Sスパイダーを買ったことが、向井さんに新たな趣味の世界を切り開くこととなった。

「21年の2月頃に納車されて、5月に富士スピードウェイでトラックデイがあるからって、グランツーリスモでサーキットを覚えて行きましたよ。実は以前、中古のポルシェ991カレラを買ってドライビング・レッスンに通ったことがあったのですが、怖くて友達に売っちゃったんです。でもマクラーレンで走ったらめちゃくちゃ面白い。同じ富士でも全然違う。僕でも楽しめる。これがアドレナリンか! って思いましたね」

それからというもの、鈴鹿サーキット、岡山国際サーキットと、機会があれば積極的にサーキット走行に出向くようになったという向井さん。いつしかそのためにレーシング・スーツやヘルメットも新調し、ガレージのリノベーションにあわせて作ったプライベートルームには、本格的なドライビング・シミュレーターDRiVe-Xを設置し、トレーニングに興じるまでになった。

農具小屋がスポーツカーのガレージに大変身! マクラーレン720sスパイダーとアルピーヌa110sアセンション、2台のスポーツカーに出会ったオーナーの人生も大変身!!

また向井さんが日々DRiVe-Xでトレーニングを積むプライベート・ルームは、遮音もしっかりとしている(クロスはサンゲツとコラボのランボルギーニ製!)うえに、屋根裏にストレージも完備するなど機能的な設計となっていた。いずれにしろ部屋の中から2台の愛車を眺めるのは、至福の時間に違いない。

「シミュレーターなら怪我しないので、大阪の心斎橋にあるお店に行って教えてもらったりしながら、練習しています」

さらにマクラーレンを通じて、様々な交友関係が広がるとともに、最近では現代アートなど、趣味の世界もさらに広がっているそうだ。

ずっと持っていたい

こうしたマクラーレンとの生活で、サーキット走行の面白さにのめり込んでいくうちに、こういう想いも出てくるようになったという。

「マクラーレンは速すぎるけど、すごく安定している。カーボンモノコックだから万が一の時も安全ではありますが、昔のGT500より直線が速いですからね。こんなのでいつまでも走っていたら危ない。もう少し身の丈で楽しめるものが欲しい……と思っていたところで出会ったのがこれでした」

それがもう1台の愛車、アルピーヌA110Sアセンションだ。

農具小屋がスポーツカーのガレージに大変身! マクラーレン720sスパイダーとアルピーヌa110sアセンション、2台のスポーツカーに出会ったオーナーの人生も大変身!!

日本市場ではわずか30台限定で販売されたA110Sアセンション。足まわりはシャシー・スポール、カーボン製のリア・スポイラー、ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2を履いた鍛造ホイール、カーボン・ルーフ、サベルト製モノコック・バケットシートなど、サーキットを走るための装備をインストールした、まさに向井さんにうってつけの1台だ。

「マクラーレンは奥目というか。ライトの中に手が入ってしまうようなデザインが面白いけど、A110は初代と似ていて目がいいんですよ。4灯のね。僕は元々クルマはプラモデルから入ったんです。タミヤの年間カタログに色々なクルマの模型が載っていて。マクラーレンの存在もそこで知り、セナの時代には海外まで観戦に出かけました。そういう意味ではA110もモンテカルロのラリーカーに憧れたプラモデルの印象が強く残っているんですよね」

7月には入荷していたものの、ガレージの完成を待って納車してもらったというA110の走行距離はまだ2800kmほど。しかし、取材の前日に鈴鹿サーキット南コースを走るなど、早速楽しんでいる様子だ。

「タイヤも重量も違うけど、僕にはこのくらいがちょうどいい。実はフェラーリ・ローマをオーダーしてあって、マクラーレンと入れ替える予定なのですが、A110に関してはずっと持っていてもいいかな? と思っています」

この2台のほかに、普段使いのメルセデス・ベンツGクラス、さらに北海道のセカンド・ハウスにアウディQ5、沖縄のセカンド・ハウスにラングラー・アンリミテッドを置いているという向井さん。それぞれのシチュエーションに最適なクルマとの生活には、これからもさらなる化学反応が期待できそうだ。

文=藤原よしお 写真=望月浩彦

(ENGINE2023年2・3月号)

マツダ「新型ステーションワゴン」!? 最新マツダ顔の「最上級モデル」! 復活切望の「MAZDA6“ワゴン”」次期型予想CGがカッコイイ

マツダ「新型ステーションワゴン」!? 最新マツダ顔の「最上級モデル」! 復活切望の「MAZDA6“ワゴン”」次期型予想CGがカッコイイ

新型MINI Countrymanに強力なバッテリーを搭載した電動モデルが2種類追加

新型MINI Countrymanに強力なバッテリーを搭載した電動モデルが2種類追加

中国山東省栄成市のキャンピングカー輸出、23年17.8%増

中国山東省栄成市のキャンピングカー輸出、23年17.8%増

WEC開幕を前にかつてない苦戦を強いられるトヨタ。性能調整で重いマシンがタイヤのグレイニングを誘発か……小林可夢偉代表「マネジメントできない」

WEC開幕を前にかつてない苦戦を強いられるトヨタ。性能調整で重いマシンがタイヤのグレイニングを誘発か……小林可夢偉代表「マネジメントできない」

素人がつくる100万円の超小型EV 2025年量産化へのコンセプトカーが完成 プロの仲間も加わる【広島発】

素人がつくる100万円の超小型EV 2025年量産化へのコンセプトカーが完成 プロの仲間も加わる【広島発】

新型「小さな高級車」初公開! 全長4m級ボディで“600万円超え”! 内装は「丸テーブル+超高級ソファ」×オシャブルー!? 丸ライトの「イプシロン」伊で登場

新型「小さな高級車」初公開! 全長4m級ボディで“600万円超え”! 内装は「丸テーブル+超高級ソファ」×オシャブルー!? 丸ライトの「イプシロン」伊で登場

約200万円の新型「マーチ」日産が提案! 最新デザイン採用した「名車」の姿とは!? 日本導入も期待の「後継モデル」に反響あり!

約200万円の新型「マーチ」日産が提案! 最新デザイン採用した「名車」の姿とは!? 日本導入も期待の「後継モデル」に反響あり!

“ワイドすぎる”日産「新型GT-R」実車公開! 極太センターマフラー&巨大ウィング採用! 最新顔だけど実は旧モデル“な「35R-2024EDITION」とは

“ワイドすぎる”日産「新型GT-R」実車公開! 極太センターマフラー&巨大ウィング採用! 最新顔だけど実は旧モデル“な「35R-2024EDITION」とは

24年前の日産「スカイラインGT-R」が1億円!? なぜ国産スポーツカーは軒並み高騰? 豪州で見つかったR34GT-Rの“数奇な運命”とは

24年前の日産「スカイラインGT-R」が1億円!? なぜ国産スポーツカーは軒並み高騰? 豪州で見つかったR34GT-Rの“数奇な運命”とは

「新型ランクルプラド」が中国デビュー!! 価格は940万円~と超高級に 注目の2.4Lターボハイブリッドモデルはいかに???

「新型ランクルプラド」が中国デビュー!! 価格は940万円~と超高級に 注目の2.4Lターボハイブリッドモデルはいかに???

TOP STORIES

発見・体験、日本旅行に関する記事
Top List in the World