自動車

ド迫力オバフェンにカーボン二段ウイングも……走りはオトナ!? 限定100台レクサス「RZ450e Fスポーツパフォーマンス」試乗

 レクサスのBEVである「RZ450e」をベースに、走行性能を極めた限定モデル「Fスポーツパフォーマンス」。アグレッシブなエクステリアデザインが目を惹くが、走りはどんな仕上がりになっているのか? トヨタのテストコース「トヨタテクニカルセンター下山」で試す!!

文/渡辺敏史、写真/LEXUS

■「Fスポーツパフォーマンス」第三弾

ド迫力オバフェンにカーボン二段ウイングも……走りはオトナ!? 限定100台レクサス「rz450e fスポーツパフォーマンス」試乗

100台限定の抽選販売となるレクサスRZ450e Fスポーツパフォーマンス。価格は1180万円

 レクサスのスポーツグレードといえばサスペンションやコスメティックなどを違える「Fスポーツ」と、サーキット走行も前提に潤滑系や制動系も特別に設えた「F」を思い浮かべる方も多いと思うが、最近はその中間的位置づけの「Fスポーツパフォーマンス」なるグレードも存在している。

 運動性能や動力性能といった文字通りのパフォーマンス面で他のグレードとは一線を画する強化が加えられているのが特徴で、その第一弾が自然吸気の5L・V8を搭載したIS500、二番目が2.4LターボHEV四駆のRX500hと聞けば、各々の銘柄でもちょっと特別な存在であることをお察しいただけるだろう。

 その第三弾として発表されたのが、RZ450e Fスポーツパフォーマンスだ。驚くことに純然たるBEVであるRZをベースとしたグレードということになるが、その伏線は23年の東京オートサロンにあった。

 ガズーレーシングとの縁も深いレーシングドライバーの佐々木雅弘選手がプロデュースしたというRZスポーツコンセプトは、ステアバイワイヤーの450eをベースに、オーバーフェンダーに包まれた21インチワイドタイヤとBEVならではの精緻な駆動制御とで極限まで高められるただろう旋回Gを四座独立のレカロRMSで受け止め……的な設えで、迫力マシマシのエクステリアも相まって、ブースの祭事感を高めていた。

■空のノウハウが詰まったエクステリア

ド迫力オバフェンにカーボン二段ウイングも……走りはオトナ!? 限定100台レクサス「rz450e fスポーツパフォーマンス」試乗

陸のみならず、空のノウハウまでフィードバックされた高性能エアロパーツが特徴

と、そのコンセプトモデルを叩き台に、エアロパーツを空のノウハウで磨き上げたのがエアレースパイロットの室屋義秀選手だ。

 現在レクサスをパートナーとしてエアレースXに参戦する氏が、エアレースチームの技術陣と共に様々なアイデアをRZの開発陣に伝えることで、ディテールはより高効能に仕上がっている。

 一例としては特徴的なリアのカーボン二段ウイングについて、上段の仰角を下段側への積極的な導風として機能させることを提案、結果として高いダウンフォース量を得ているという。

 他にもホイールハウス後端の整流によって車体後半の空力エフェクトを向上させるカーボン製ターニングベインやフロントスポイラー&リアディフューザーなど、RZ450e Fスポーツパフォーマンスには17点の専用エアロパーツが装着される。

 加えてターニングベインと面が繋がる大きなオーバーフェンダーが示す通り、タイヤサイズは前20mm、後ろ40mm幅広な21インチとなり、ホイールもエンケイの専用品が採用されている。

 ディメンジョン的にはトレッドが前が50mm、後ろが40mm拡幅、車両全幅はベースモデルより実に70mmも広い1965mmに達している。

 この数値はレクサスLCやセンチュリーセダンを上回り、昨年登場した5ドアのセンチュリーにも迫るものだ。

 このエクステリアの激変ぶりからしてみると、インテリアはブルーの差し色を基調としたカラーリングやシートステッチなどが用いられる程度で、ちょっと淡白な印象は否めず。前席などはオーナーが換装を検討してもいいかもしれない。

■素性のよさを最大限活かしたチューニング

ド迫力オバフェンにカーボン二段ウイングも……走りはオトナ!? 限定100台レクサス「rz450e fスポーツパフォーマンス」試乗

走りのレベルの高さはベース車の素性が良いことも大きい

 と、RZ450e Fスポーツパフォーマンス、そんなことを思わせるほど実は旋回力の高さが際立っている。

 特に操舵初期から小舵角ではゲインの立ち上がりが強く、車体の動きにも曖昧さは一切ない。

 カリッカリにピントが定まり輪郭くっきりとスパッと曲がっていく様子は、前述の強烈なタイヤサイズからも得られるものだが、それにサスメンバーやアーム類が負けている感じがしないのが巧いと思う。

 BEVといえばバッテリー搭載に伴いどうやっても剛性がバチバチに高まる中央部に対して、前後部の剛性や減衰性を綺麗にマッチさせるのはただ事ではないが、RZはベース車からして車体の動的質感は相当詰められている。

 激しいカスタマイズでもバランスが崩れないのはその素性の良さによるものだろう。

■極太タイヤも余裕で履きこなす

ド迫力オバフェンにカーボン二段ウイングも……走りはオトナ!? 限定100台レクサス「rz450e fスポーツパフォーマンス」試乗

ニュルブルクリンクのような過酷さをもつ下山テストコースでも安定した走りを見せる

 同様に、元ネタの良さが足回りのチューニングを楽にしてくれているなぁと感じるのは、連続したギャップをバタバタと超えていく時だ。

 チューニング的な話でいえば、ワイドトレッドの極太タイヤが最も苦手とするような場面だが、RZ450e Fスポーツパフォーマンスはそこでも馬脚を現すことはない。

 試乗した下山テストコースにはこういうバネ下いじめのセクションが何箇所もあり、挙げ句は逆バンクやジャンプなど車両全体のバランスが崩れそうなポイントも次々と現れるが、そういう場面でも挙動変化に変な癖や妙な不安はなく、きっちりグリップしながら限界方向へとスムーズに繋がっていく。

 大胆な足元の割に乗り心地が荒れていない、その味付けの巧妙さも、ベースのe-TNGAをRZ用に徹底的に磨き上げたレクサスの開発陣のきめ細かな仕事があってのものだと思う。

 RZ450e Fスポーツパフォーマンスの販売は100台の限定となる。安くはない価格ながら、独自のサービスや特別な体験プログラムなども付帯するとあらば、検討価値のある1台ではないだろうか。

【画像ギャラリー】レクサス過去イチのアグレッシブデザイン!! RZ450e Fスポーツパフォーマンスを全方位チェック(18枚)

マツダ「新型ステーションワゴン」!? 最新マツダ顔の「最上級モデル」! 復活切望の「MAZDA6“ワゴン”」次期型予想CGがカッコイイ

マツダ「新型ステーションワゴン」!? 最新マツダ顔の「最上級モデル」! 復活切望の「MAZDA6“ワゴン”」次期型予想CGがカッコイイ

新型MINI Countrymanに強力なバッテリーを搭載した電動モデルが2種類追加

新型MINI Countrymanに強力なバッテリーを搭載した電動モデルが2種類追加

中国山東省栄成市のキャンピングカー輸出、23年17.8%増

中国山東省栄成市のキャンピングカー輸出、23年17.8%増

WEC開幕を前にかつてない苦戦を強いられるトヨタ。性能調整で重いマシンがタイヤのグレイニングを誘発か……小林可夢偉代表「マネジメントできない」

WEC開幕を前にかつてない苦戦を強いられるトヨタ。性能調整で重いマシンがタイヤのグレイニングを誘発か……小林可夢偉代表「マネジメントできない」

素人がつくる100万円の超小型EV 2025年量産化へのコンセプトカーが完成 プロの仲間も加わる【広島発】

素人がつくる100万円の超小型EV 2025年量産化へのコンセプトカーが完成 プロの仲間も加わる【広島発】

新型「小さな高級車」初公開! 全長4m級ボディで“600万円超え”! 内装は「丸テーブル+超高級ソファ」×オシャブルー!? 丸ライトの「イプシロン」伊で登場

新型「小さな高級車」初公開! 全長4m級ボディで“600万円超え”! 内装は「丸テーブル+超高級ソファ」×オシャブルー!? 丸ライトの「イプシロン」伊で登場

約200万円の新型「マーチ」日産が提案! 最新デザイン採用した「名車」の姿とは!? 日本導入も期待の「後継モデル」に反響あり!

約200万円の新型「マーチ」日産が提案! 最新デザイン採用した「名車」の姿とは!? 日本導入も期待の「後継モデル」に反響あり!

“ワイドすぎる”日産「新型GT-R」実車公開! 極太センターマフラー&巨大ウィング採用! 最新顔だけど実は旧モデル“な「35R-2024EDITION」とは

“ワイドすぎる”日産「新型GT-R」実車公開! 極太センターマフラー&巨大ウィング採用! 最新顔だけど実は旧モデル“な「35R-2024EDITION」とは

24年前の日産「スカイラインGT-R」が1億円!? なぜ国産スポーツカーは軒並み高騰? 豪州で見つかったR34GT-Rの“数奇な運命”とは

24年前の日産「スカイラインGT-R」が1億円!? なぜ国産スポーツカーは軒並み高騰? 豪州で見つかったR34GT-Rの“数奇な運命”とは

「新型ランクルプラド」が中国デビュー!! 価格は940万円~と超高級に 注目の2.4Lターボハイブリッドモデルはいかに???

「新型ランクルプラド」が中国デビュー!! 価格は940万円~と超高級に 注目の2.4Lターボハイブリッドモデルはいかに???

TOP STORIES

発見・体験、日本旅行に関する記事
Top List in the World