自動車

ハイゼット生産再開!! でも待て待てエブリイもCVTになるゾ!! ターボも復活って激アツだぜ

 今やほぼ全ての軽自動車はCVTを採用しているが、耐久性などの問題から商用モデルは長らくATであった。ところがN-VANやハイゼットシリーズなどが続々とCVTを採用してきており、時代は変わりつつあるのだ。しかも我らがエブリイもCVTに!! そしてカタログ落ちしていたターボも復活するゾ!!!!!!

文:小鮒康一/写真:ベストカーWeb編集部

■エブリイがついにCVTに!! 燃費も爆上がり

ハイゼット生産再開!! でも待て待てエブリイもcvtになるゾ!! ターボも復活って激アツだぜ

エブリイもいよいよCVTに!! これで軽商用バンすべてにラインアップされることに

 軽ワンボックスタイプのバン&ワゴンであるエブリイとエブリイワゴンが、近々マイナーチェンジを実施する予定だ。

 トランスミッションを4速ATからCVTに一新するという情報が入ってきた(エブリイPAのみ4速ATを継続)。

 果たしてガンガン積んで走ることが宿命の軽バンでCVTとは問題ないのだろうか?

 現行のエブリイバンの4速ATを搭載するグレードのWLTCモードのカタログ燃費は14.6km/Lとなっており、近年リッター20km超も珍しくない軽乗用車に比べると決して良いとは言えないものとなっている。

 現在、企業別平均燃費基準(CAFE)をクリアするために各メーカー、燃費向上に努力している。

 そんななか、商用車であっても無関係とはいかないため、CVTの搭載は避けて通れない道と言える。

■商用車だって大丈夫なのよ!! エブリイのCVT4駆動が感涙モノ

 また660ccと小排気量のエンジンを搭載する軽自動車は、決してパワー的に余裕があるワケではない。

 そのため、エンジンのおいしい回転数をキープすることができるCVTはむしろ向いているトランスミッションとなっているのだ。

 ただ、ビジネスでガンガン使い倒される商用車にCVTという組み合わせは耐久性の面で不安を覚えるユーザーも少なくないハズ。

 その点においては、すでに軽バン&軽トラックにCVTを搭載したダイハツや、CVTを搭載した軽バンであるN-VANをリリースするホンダが先行中。

 4速ATに比べてトラブルが続発しているという話も聞かないので、そこまで心配する必要もないかもしれない。

 またエブリイの4WDモデルにおいては、新たにCVTを搭載したことによってトランスミッション内部に4WDの切り替え機構を組み込んで、電子制御で3つの走行モードを切り替えができるシステムを新たに採用。

 ぬかるみにハマってしまった際に、空転している側の車輪にブレーキをかけて脱出をアシストするブレーキLSDトラクションコントロールも搭載され、従来型よりもさらに走破性がアップしている点も見逃せない。

 そしてCVTの搭載は乗用モデルとなるエブリイワゴンも同様となり、こちらは乗用ユースでの快適性の大幅アップが見込まれることは間違いないだろう。

■廃止のターボが中古高騰中!! 待望の復活で市場緩和か!?!?

 今回のマイナーチェンジでは、CVTの搭載のほかに注目したい改良がもうひとつある。

 それが、バンにターボエンジンを搭載した「JOINターボ」が復活したことだ。

 NAエンジンに比べて余裕の動力性能を誇るJOINターボは、現行エブリイ登場時からラインナップに存在し続けていたが、2022年4月の改良のタイミングで姿を消してしまっていた。

 その結果、中古のJOINターボの価格が高騰し、新車並みかそれ以上の価格が付けられるほどとなっていたのだ。

 だが、これによってJOINターボの高騰もひと段落……とはいかないかもしれない。

■でもでもターボにMTなし……これどうなる!?

ハイゼット生産再開!! でも待て待てエブリイもcvtになるゾ!! ターボも復活って激アツだぜ

ハイゼットトラックの生産がこのほど再開されたため、ますます激アツに!!

 というのもJOINターボは復活したものの、トランスミッションはCVTのみの設定となる。

 2021年9月にJOINターボの5速MT車が消滅して以来、ターボのMT車が空位となったままなのだ。

 CVTとなったことでターボモデルは十分な動力性能を兼ね備えたモデルになったという判断なのかもしれないが、趣味の相棒として使われることも多いエブリイはMT需要が一定数存在し続けている。

 一応JOINターボ以外のグレードには5速MTがラインナップされてはいるが、過去に17系エブリイのOEMモデルであるNV100クリッパーのNAエンジン5速車を保有していた筆者にしてみれば、いくら任意にギアを選択できるとはいえ力不足は明らか。

 ターボモデルにMTを設定できない理由があるのかどうかは現時点では明らかとなっていないが、中古車が高騰していることからも需要が高いことは間違いないので、今後の追加などにも期待したいところだ。

【画像ギャラリー】おおお、、これは革命やん!! 軽商用バンがCVTの時代に!! ライバル勢イッキ見(2枚)

TOP STORIES

発見・体験、日本旅行に関する記事
Top List in the World