自動車

新型「スポーティSUV」世界初公開! 630馬力超えパワトレ&4WDで爆速実現! 斬新“紫”内装もめちゃカッコイイ「ポルシェ」登場へ

新型「爆速SUV」世界初公開

 2024年1月25日、独ポルシェAGはフル電動モデルの新型「マカン」をシンガポールで初公開しました。

新型「スポーティsuv」世界初公開! 630馬力超えパワトレ&4wdで爆速実現! 斬新“紫”内装もめちゃカッコイイ「ポルシェ」登場へ

世界初公開されたポルシェ新型「マカン」

世界初公開されたポルシェ新型「マカン」

 新型マカンは、スポーツカー「タイカン」に続く、ポルシェEVの第2弾です。「マカン4」と「マカン ターボ」の2グレードを設定。いずれもフロントおよびリアアクスルに各1基のモーターを搭載する四輪駆動モデルです。

【画像】超カッコイイ! 世界初公開の「爆速SUV」を画像で見る(88枚)

 2つの電気モーターは、ポルシェトラクションマネージメント(ePTM)を介してリアルタイムで電子制御。従来の四輪駆動システムよりも約5倍速く動き、スリップに対して0.01秒以内に応答すると説明しています。

 最高出力、最大トルク、0-100km/h加速、最高速度は、マカン4が408ps、650Nm、5.1秒、220km/h、マカン ターボが639ps、1130Nm、3.3秒、260km/hです。

 リチウムイオンバッテリーの総容量は100kWh。航続距離はマカン4が516kmから613km、マカンターボが518kmから591km。どちらも急速充電に対応し、充電残量10%の状態から21分で80%まで回復可能です。

 新型マカンは、スポーティでモダンかつダイナミックな外観も進化しました。

 ヘッドライトは2つに分かれており、4灯のデイタイムランニングライトを備えたアッパーライトユニットがワイド感を強調。メインヘッドライトはフロントバンパーに埋め込まれています。

「フライライン」と呼ばれるリアに流れるポルシェ独特のルーフラインは、フラットなリアウィンドウと一体化。特徴的なサイドブレードを備えたフレームレスドアとの組み合わせにより、スタイリッシュでスポーティなデザインを実現しています。

 ボディサイズは全長4784mm×全幅1938mm×全高1622mm。前後のオーバーハングを短くし、ホイールベースは先代モデルより86mm延長し、2979mmとなっています。

 インテリアは、ダッシュボードに曲面デザインの12.6インチインストルメントクラスターと10.9インチのセンターディスプレイを採用しています。

 ラゲッジスペースは通常540リッターで、後席背もたれを倒すと最大1348リッターに拡大します。さらにボンネット下には、もうひとつのラゲッジスペース「フランク」(84リッター)があります。

 価格は未定。デリバリー開始は2024年下半期になる見通しです。

TOP STORIES

発見・体験、日本旅行に関する記事
Top List in the World