自動車

ビート、S2000、エレメント、クロスロード 名車揃いなのに……残念無念のホンダ車4選

「なんでこうなった!?」 開発した人を小一時間ほど問いただしてみたい、でも憎めない「ざんねん」なクルマたち、エピソードを集めた『ざんねんなクルマ事典』『ますます! ざんねんなクルマ事典』(小社刊)。

 日本のクラシックカーや絶版車、珍車についての知識にも定評あるモータージャーナリスト、片岡英明氏監修による本書から、名車揃いながら残念無念な道を辿ったホンダ車たちをご紹介!

監修/片岡英明、写真/ホンダ

■F1テクノロジーを注入した超絶名車だったがRVブームに押し流された ホンダ ビート(1991-1996年)

ビート、s2000、エレメント、クロスロード 名車揃いなのに……残念無念のホンダ車4選

ホンダ ビート(1991-1996年)。軽自動車ながらミドシップのフルオープンモノコックボディを採用

●「ニッチ商品」として生き延びてほしかったが

 ホンダ ビートは、初代ホンダNSXと同じ「ミドシップレイアウトの後輪駆動スポーツ」という成り立ちを、当時の軽自動車規格のなかで実現させたオープンカー。

 直3NAエンジンには、ホンダのF1テクノロジーを応用したハイレスポンス・エンジンコントロールシステム「MTREC」を核に、数々の高回転・高出力化技術が注ぎ込まれています。

 当初は堅調だったビートの販売台数ですが、とはいえ「2人乗りのミドシップ軽自動車」というのはニッチ商品ですから、たくさんは売れません。

 そこへきて1990年代中盤には「RVブーム」が巻き起こってしまいました。そうなると、ただでさえニッチだったビートのようなスポーツカーは、ますます売れなくなります。

 その結果、1998年の軽自動車規格の変更に合わせてビートをモデルチェンジさせるという選択肢はホンダにはあり得ず、多くのマニアからは惜しまれながらもホンダ ビートは1996年、あえなく生産終了となったのです。

・発売年月:1991年5月

・エンジン種類:直3 SOHC

・総排気量:656cc

・最高出力/最大トルク:64ps/6.1kgm

・全長×全幅×全高:3295×1395×1175mm

・車両重量:760kg

・諸元記載グレード:1991年式 ベースグレード

●ざんねん度:★★☆☆☆

■「素晴らしい専用部品」があまりにも多すぎてモデルチェンジできなかった ホンダ S2000(1999-2009年)

●レーシングカー並みのエンジン等々を搭載したが……

 本田技研工業の創立50周年を記念して1999年に発売された、ホンダ車としてはS800以来29年ぶりに復活した「FRレイアウト」の2シーターオープンスポーツです。

 2シーターの量産オープンスポーツカーを作るには「生産台数が多いファミリーカーなどのパーツを流用しながら、価格を抑えつつ軽量化に力を入れる」というのがセオリーです。

 しかしS2000はそのセオリーを無視し、多くの部品が「専用パーツ」として新たに設計されました。縦置きされるエンジンはリッターあたり125psというレーシングエンジン並みの出力をマークする、専用の2L直4DOHC VTEC「F20C」。

 このエンジンを構成する各部品にも、ほとんどワンオフと言えるさまざまな新技術が投入されました。

 大変素晴らしいスポーツカーだったホンダ S2000ですが、あまりにも素晴らしすぎたため、つまり「気合の入った専用設計部分」が多すぎたため、これをフルモデルチェンジさせるのは会社的にちょっと無理で、残念ながら1代限りとなりました。

・発売年月:1999年4月

・エンジン種類:直4 DOHC

・総排気量:1997cc

・最高出力/最大トルク:250ps/22.2kgm

・全長×全幅×全高:4135×1750×1285mm

・車両重量:1240kg

・諸元記載グレード:1999年式 ベースグレード

■早すぎた名作SUV。2020年代の発売だったら大ヒットしたはず? ホンダ エレメント(2003-2011年)

ビート、s2000、エレメント、クロスロード 名車揃いなのに……残念無念のホンダ車4選

ホンダ エレメント(2003-2011年)。「ジェネレーションY」と呼ばれる20代前半の世代がターゲットだった

●当時の日本人は「SUV」をよくわかっていなかった

 ホンダ エレメントは、海岸にある「ライフガードステーション(監視台)」をデザインモチーフにアメリカで開発・生産され、その後日本でも2年ちょっとの間だけ逆輸入車として販売された、「両側観音開き」のドアを備えたクロスオーバーモデルです。

 両側観音開きのサイドドアは、一見するとダイハツ タントのようなBピラーレスですが、実際はリアドアの前部にインナーピラーが内蔵されているという、「ビルトインBピラー」とでも呼ぶべき構造になっています。

 このクルマの地元であるアメリカでは人気を博し、2011年モデルまで製造が続けられました。

 しかし日本ではどうにも売れ行きが今ひとつで、輸入開始からわずか2年3カ月後の2005年7月には輸入終了となってしまいました。

 日本人がSUVというモノの価値と魅力を今イチわかっていなかった2000年代半ばではなく、SUV全盛の2020年代にデビューしていたならば、けっこうなヒット作になっていた可能性は大でしょう。

・発売年月:2003年4月

・総排気量:2354cc

・最高出力/最大トルク:160ps/22.2kgm

・全長×全幅×全高:4300×1815×1790mm

・車両重量:1560kg

・諸元記載グレード:2003年式

■……ちょい早すぎた? 今なら売れそうな小型3列シートSUV ホンダ クロスロード(2007-2010年)

●「いざとなれば7人乗れる」というSUVだが……

 初代ホンダ クロスロードの販売終了から10年の時をおいて2007年2月、「車名は同じだけどまったく別のクルマ」として登場したのが2代目クロスロードです。

 2代目の車台は、人気の低床ミニバンだった2代目ストリームから流用したもの。そこに、これまたストリームと同系統の1.8Lおよび2Lユニットにi-VTECを付けたエンジンを搭載しています。

 そういった車台に、いかにもクロスオーバーSUVっぽいデザインのボディと乗車定員7名の3列シートを組み合わせたのが2代目ホンダ クロスロードです。

 まあまあ売れると思われたクロスロードでしたが、実際は、月販目標である「3000台」は発売後わずか3カ月ですでにクリアできないという体たらく。以降は「月販せいぜい数百台レベル」という存在になってしまいました。

「他モデルの車台を流用してクロスオーバーSUVを作る」という手法がまだ一般的ではなかった時代に、ホンダは先を行きすぎてしまったのかもしれません。

・発売年月:2007年2月

・最高出力/最大トルク:150ps/19.4kgm

・全長×全幅×全高:4285×1755×1670mm

・車両重量:1460kg

・諸元記載グレード:2007年式 20Xi

*   *   *

 なんでそうなったの!!? ざんねんだけど、でも愛おしい。そんなクルマたちの数々を集めた『ざんねんなクルマ事典』『ますます! ざんねんなクルマ事典』は講談社ビーシーより好評発売中です。

【画像ギャラリー】名車=売れるとは、必ずしも限らない……ホンダスピリット溢れる4台をギャラリーで見る(14枚)

TOP STORIES

発見・体験、日本旅行に関する記事
Top List in the World