自動車

トヨタ新型「コンパクトSUV」発表! ハイブリッド刷新で“めちゃ速く”!? オシャグリーンもカッコイイ新「ヤリスクロス」波で登場

新ハイブリッドシステムでパワーアップ! ヤリスクロス一部改良実施

 トヨタのポーランド法人は2024年1月15日、コンパクトSUV「ヤリスクロス」の一部改良モデルを発表しました。パワーアップしたパワートレインや進化した安全装備に注目です。

トヨタ新型「コンパクトsuv」発表! ハイブリッド刷新で“めちゃ速く”!? オシャグリーンもカッコイイ新「ヤリスクロス」波で登場

オシャレなグリーンがたまらない! トヨタ 新型「ヤリスクロス」一部改良モデル

オシャレなグリーンがたまらない! トヨタ 新型「ヤリスクロス」一部改良モデル

 ヤリスクロスは、コンパクトカー「ヤリス」と同じTNGAプラットフォーム(GA-B)を採用したコンパクトSUVとして2020年4月に登場しました。

【画像】超カッコいい! トヨタ新型「ヤリスクロス」を画像で見る(30枚以上)

 ボディサイズは全幅1765mm×全長4180mm×全高1595mm、ホイールベースは2560mm、フロントオーバーハングは860mm、リアオーバーハングは760mmで、比較的扱いやすいサイズのSUVです。

 今回の一部改良は、新たなハイブリッドシステムの追加が目玉と言えるでしょう。

 一部改良後のヤリスクロスのグレードは合計6種類ですが、その中でも新ハイブリッドが搭載されたモデルはエグゼクティブとGR SPORT、そしてプレミアムエディションです。

 コンフォートモデルとアクティブバージョンは、最高出力116馬力の従来のシステムが搭載されます。

 新ハイブリッドは、強力なMG1とMG2(モータージェネレーター)を採用。従来よりも高出力なシステムとなっており、最大出力130馬力、トルク185Nmを発揮します。0から100km/hまでの加速は10.7秒、80から120km/hまでの加速時間は8.9秒です。セグメント内でトップの地位を占めています。

 MG1とMG2はそれぞれ個別の役割があります。

 MG1はエンジンを始動するためのスターターモーターで、通常走行ではジェネレーターとしての働きをします。また、ハイブリッドバッテリーへの充電、MG2への電力供給も行います。

 MG2は、動力モーターとして単独で走行したり、エンジンをアシストしたり、バックの際に逆回転したりといった動きをします。また、減速時に回生ブレーキとして働き、発電した交流電力をインバーターによって直流に変換し、ハイブリッドバッテリーを充電する役割も持ちます。

 駆動方式は、前輪駆動かインテリジェントAWD-iを選択可能。しかし、アクティブグレードだけは前輪駆動方式のみのラインナップになります。

 このほか安全面は、予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を含む、高度運転支援技術「トヨタチームメイト」が大幅に進化し搭載されています。

 また、今回の一部改良を記念した限定特別仕様車、プレミアムエディションも発表されています。

 価格は、前輪駆動モデルが10万9900ズウォティ(約402万円)から、AWD-iドライブモデルが12万5900ズウォティ(約461万円)からです。

TOP STORIES

発見・体験、日本旅行に関する記事
Top List in the World